FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽転したハサミ

先日、切れ味が悪くなっていたハサミを研いでもらいました。

そしたらビックリするほど、サクサク切れるようになり復活!
同じハサミだとは思えないくらい、生きいきしています。

DSC_0434_convert_20160127113300.jpg


ハサミの調子が悪いと、仕事はスムーズに進まないし、気持ち的にもイライラしちゃう。
しかも私だけじゃなく、お客さんも切れないハサミで髪を切られると痛いし不快感を持ってしまう。
おまけに髪の毛自体もボロボロになってしまうとゆうたちの悪さ。
まるでハサミが自分の調子が悪いからと相手に八つ当たりしているかのよう。
切れないハサミは陰転してる様と似ています。
研いで切れ味抜群になったハサミは、ハサミ本来の役目を果たすことが出来ていて陽転したかのようです

以前、一緒に働いていた同僚がウン十万円もする宝石が埋め込まれた高価なハサミを持ってました。
使わないの?と聞いたら、使う訳ないじゃんと。
切らせてもらえないから出番もなく、誰にも触らせず、汚れてもないのに毎日大切に拭かれて、すっかり観賞用になってました宝石入りのハサミさん。
もはやハサミでいる意味がなくなってしまってます。

ハサミは切れてなんぼ。
切るとゆう〝動”によって成り立つ道具。
待ちぼうけのハサミは役に立たない。ただの飾りになってしまう。
せっかく抜群に切れるように作ってもらったのに、生まれ持った素材を生かすことが現実に出来てないのです。

これってまさにハサミの陰転コース。
「私って宝石入りで高級そうでしょ?」と言わんばかりの存在感をアピールしてるだけで、ハサミ本来の切るとゆう役目を果たせず、見た目だけでものを言わせている状態です。

例えばハサミが子供だとしたら使い手はお母さん。
可愛くてしょうがないから何もしなくていいよ~。とお母さんがなんでも手を出し口も出し、身のまわりのお世話も全部してあげて・・・。
それが当たり前で育っちゃったらもう大変。
なにも出来なくなっちゃうどころか、自分がなんなのかもわからなくなっちゃいます。
一度も切るとゆう動作をさせてもらえないハサミと一緒。
生まれ持った素質を現実に生かすことが出来なくなってしまうのです。

自分を知るって生きるうえでとても大事なことだと思います。
占いでも自分を知ることは出来ますが、現実に動いて実感して自分を知るとゆうことに大きな意味があると思うのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
プロフィール

森萌まみ(美容師・占い師)

Author:森萌まみ(美容師・占い師)
髪を切りながら占いもやってます。
ホロスコープや命式と日々にらめっこ。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。